講習内容

【選択】社会科・地歴科(歴史)における「深い学び」のための指導

■講習概要

歴史教育は、近年大きく変わっています。知識注入型から自己考察型、児童・生徒の受動型学習から能動型学習への変化です。テーマにありますように、児童・生徒に能動型の学習を実施するための方法を考えます。また、歴史の基礎を踏まえつつ指導要領の改訂のことから最新の歴史学、考古学等の情報を先生方にお伝えします。

 

■講師

木村 清治(東京薬科大学 生命科学部教職課程非常勤講師)

蒲生 眞紗雄(日比谷図書文化館古文書塾てらこや講師 新宿区富久町北遺跡発

掘調査会文献調査員)

 

■対象 小・中学校社会科教諭、高等学校地理歴史科教諭

【選択】人間の脳の働きを理解した教え方‐人間理解から教育へ

■概要

人間の認知機能、学習、行動決定、社会性などの仕組みついて、脳科学知見から理解し、科学的な解釈ができるようになることで、授業を受ける児童・生徒が授業をどのように受け取り、理解しているかを知ることが可能となり、教員が授業をする際に児童・生徒の理解力を高めるためにどのように工夫すればよいかをより客観的に考えることができるようになることを目指す。

■講師

小松 英彦(玉川大学脳科学研究所所長・教授)

鮫島 和行(玉川大学脳科学研究所 教授)

酒井 裕(玉川大学脳科学研究所 教授)

小口 峰樹(玉川大学脳科学研究所 特任助教)

高岸 治人(玉川大学脳科学研究所 准教授)

松元 健二(玉川大学脳科学研究所 教授・応用脳科学研究センター 主任))

松田 哲也(玉川大学脳科学研究所 教授)

 

■対象

小・中・高等学校教諭及び特別支援学校教諭、養護教諭