講習内容

【選択必修】教員のICT活用と教育の情報化の実際

選択必修 教育の情報化

■講習概要

高度情報化社会となった現代社会の中では、パソコンやスマートフォンに代表される各種ICT(情報通信技術)をより良く活用する能力は、必要不可欠なものとなっている。教育現場でも電子黒板やタブレット端末の活用など、教育の情報化の推進が求められている。本講習では、教員が注意すべきICT活用の方法について講義し、これからの情報教育に必要とされてくる要素について話し、また、ICTを利用した新たな教育実践事例等について紹介をする。

 

■講師

照屋 さゆり(リベラルアーツ学部教授)/近藤 昭一(神奈川大学特任教授)/

(協力)溝口 広久(玉川学園小学部教諭)

 

■講習内容

1 情報教育の基本 (担当: 照屋 さゆり)

 

2 教育と情報機器の変遷 (担当: 照屋 さゆり)

 

3 ネットワークセキュリテイ(担当: 照屋 さゆり)

 

4 著作権と個人情報(担当: 照屋 さゆり)

 

5 情報モラル教育の実践と課題 (担当: 近藤 昭一)

知識基盤社会化・グローバル化する現代社会における情報モラル教育の意義と役割について、「21世紀型能力」「生きる力」等と関連づけながら解説できる。

現代の子どもたちの抱える成長上の課題を視点に、子どもたちの情報機器やインターネットの利用実態における諸問題について解説でき、その問題解決に向けた学校・家庭・社会の役割と対策について構想できる。

情報モラル教育の学習指導要領上の位置づけを理解し、学校全体での横断的な取組や各教科・道徳等具体的な教育活動の展開を構想できる。

 

6 教科指導におけるICT活用 (担当: 溝口 広久)

ICTの特長を説明できる。

ICT活用によって容易になる授業場面を説明できる。

 

7 ICTを活用した学習活動の展開 (担当: 溝口 広久)

学習場面に応じたICT活用を説明できる。

授業改善に役立つICT活用を説明できる。

ICT環境の段階的な整備について説明できる。

【選択】健康な身体づくりのための運動指導-児童生徒の発育・発達をもとに-

■講習概要

小、中、高生の発育・発達を理解し、体育科、保健体育科、部活等を通し、より健康的な身体づくりのための運動指導ができることを目標とします。発育・発達を「方向性」」「速度の多様性」から考えます。そして身体運動を「分化」、「統合」という側面で理解します。これらを活用した効果的な運動指導を考察します。保健領域、保健分野についても簡単に触れています。

 

■講師

高島 二郎(玉川大学教授)

【選択】人間の脳の働きを理解した教え方‐人間理解から教育へ

■講習概要

人間の認知機能、学習、行動決定、社会性などの仕組みついて、脳科学知見から理解し、科学的な解釈ができるようになることで、授業を受ける児童・生徒が授業をどのように受け取り、理解しているかを知ることが可能となり、教員が授業をする際に児童・生徒の理解力を高めるためにどのように工夫すればよいかをより客観的に考えることができるようになることを目指す。

■講師

小松 英彦(玉川大学脳科学研究所所長・教授)

鮫島 和行(玉川大学脳科学研究所 教授)

酒井  裕(玉川大学脳科学研究所 教授)

小口 峰樹(玉川大学脳科学研究所 特任助教)

高岸 治人(玉川大学脳科学研究所 准教授)

松元 健二(玉川大学脳科学研究所 教授・応用脳科学研究センター 主任)

松田 哲也(玉川大学脳科学研究所 教授)

【選択】通常学級にいる発達障がい児とインクルーシブ教育

選択必修 教育相談

■講習概要

通常の学級に在籍するLDADHD、自閉スペクトラム症等の子どもの「見え方」「聞こえ方」「感じ方」「考え方」等の特性と、それに応じた彼らへの理解と指導について、認知心理学的視点から説明します。また、発達障がい児の教育は、今の教育課題「グローバル化」「キャリア教育」「21世紀型スキル」等の中に本質が見えてきました。「多様性、共存、社会参加・貢献、職業教育、グループワーク、ICT、行うことによって学ぶ」等について考えます。

■講師

安藤 正紀 (玉川大学大学院教育学研究科教授)

■講習内容

1.発達障がい児の見え方、聞こえ方

2.発達障がい児への理解

3.多様な学び方とICT

4.職業教育と社会参加・貢献

5.21世紀型スキルと教育課程

6.学校の五つのシステム

7.グローバル化とインクルーシブ教育

【選択】外国人児童・生徒の理解と指導 -日本語指導を中心に-

■講習概要

1990年の出入国管理及び難民認定法改定以降増加している、海外から日本に居住するようになった外国人(日系人を含む)の子どもたちが、日本の学校において直面する課題として、日本語の会話・読解・記述能力の低さによって学習や進学等に不都合や不利益が生じていることがある。講習では、そうした状況や課題について理解を深めることおよびその対応の心構え、また、日本語指導の具体的な指導方法と注意点などについて解説する。

 

■講師

田中 泉(広島経済大学教授 比治山大学非常勤講師)

船戸 はるな(玉川大学リベラルアーツ学科助教)

【選択必修】学習指導要領と学校の危機管理

学習指導要領・危機管理

■講習概要

最近の学校教育をめぐる主要な課題であるカリキュラムのあり方と学校の安全・安心といった危機管理の課題をバランスよく学びながら、教育と教職についての省察を行い、今後の教育活動に対する新たな知見を得て、教育実践の向上に資することとしたい。

 

■講師

森山 賢一(玉川大学大学院教育学研究科教授)/田子 健(東京薬科大学生命科学部教授、玉川大学教師教育リサーチセンター客員教授)/金山 康博(共栄大学教育学部特任教授)

 

■講習内容

1 学習指導要領改訂の動向~その歩みを中心に~  (担当: 田子 健)

教育振興基本計画第1期の重点的取組事項の理解。

学習指導要領の歴史的推移の理解。

学習指導要領―具体的な検討課題。

学習指導要領の目指すもの

 

2 学習指導要領改訂の動向~現在の教育課程の課題~  (担当: 森山 賢一)

2008 年 3 月に改訂された現行学習指導要領における教育課程の教育目的を理解する。

「確かな学力」の育成について、求められる背景を含めて理解する。

授業時数の改善について、指導の充実に向けた取り組みとして考える。

 

3 学習指導要領改訂の動向~新しい学校像の模索~ (担当: 田子 健)

学校組織の一員としてのマネジメント・マインドの形成について理解する。

 

4 学習指導要領改訂の動向~これからの教育課程~  (担当: 森山 賢一)

現在、教育課程は大きな転換点にある教育課程の構成方法に変化が見られることを押さえその理由と意義を理解する。

2020 年実施の新学習指導要領がめざす「社会に開かれた教育課程」の意味を考察する。

今から教育の場でできることは何か、教育方法/アクティブ・ラーニング、学校(級)経営/カリキュラム・マネジメントについて理解する。

 

5 学校における危機管理 (担当: 田子 健)

学校内外の安全確保と危機管理。

 

6 学校と情報セキュリティ (担当: 田子 健)

学校における情報セキュリティ。

 

7 学校における危機管理上の課題 (担当: 金山 康博)

学校内の日常的な安全対策に不可欠な対応条件を理解し、明日から使える実践を例に自らの教育実践に役立つ方策を獲得する。

【選択】教員のICT活用と教育の情報化の実際

総合・新領域系 総合領域

■講習概要

高度情報化社会となった現代社会の中では、パソコンやスマートフォンに代表される各種ICT(情報通信技術)をより良く活用する能力は、必要不可欠なものとなっている。教育現場でも電子黒板やタブレット端末の活用など、教育の情報化の推進が求められている。本講習では、教員が注意すべきICT活用の方法について講義し、これからの情報教育に必要とされてくる要素について話し、また、ICTを利用した新たな教育実践事例等について紹介をする。

 

■講師

照屋 さゆり(リベラルアーツ学部教授)/近藤 昭一(神奈川大学特任教授)/

(協力)溝口 広久(玉川学園小学部教諭)

 

■講習内容

1 情報教育の基本 (担当: 照屋 さゆり)

 

2 教育と情報機器の 変遷(担当: 照屋 さゆり)

 

3 ネットワークセキュリティ (担当: 照屋 さゆり)

 

4 著作権と個人情報 (担当: 照屋 さゆり)

 

5 情報モラル教育の実践と課題 (担当: 近藤 昭一)

知識基盤社会化・グローバル化する現代社会における情報モラル教育の意義と役割について、「21世紀型能力」「生きる力」等と関連づけながら解説できる。

現代の子どもたちの抱える成長上の課題を視点に、子どもたちの情報機器やインターネットの利用実態における諸問題について解説でき、その問題解決に向けた学校・家庭・社会の役割と対策について構想できる。

情報モラル教育の学習指導要領上の位置づけを理解し、学校全体での横断的な取組や各教科・道徳等具体的な教育活動の展開を構想できる。

 

6 教科指導におけるICT活用 (担当: 溝口 広久)

ICTの特長を説明できる。

ICT活用によって容易になる授業場面を説明できる。

 

7 ICTを活用した学習活動の展開 (担当: 溝口 広久)

学習場面に応じたICT活用を説明できる。

授業改善に役立つICT活用を説明できる。

ICT環境の段階的な整備について説明できる。

【選択】社会科・地歴科(歴史)における「深い学び」のための指導

■講習概要

歴史教育は、近年大きく変わっています。知識注入型から自己考察型、児童・生徒の受動型学習から能動型学習への変化です。テーマにありますように、児童・生徒に能動型の学習を実施するための方法を考えます。また、歴史の基礎を踏まえつつ指導要領の改訂のことから最新の歴史学、考古学等の情報を先生方にお伝えします。

 

■講師

木村 清治(東京薬科大学 生命科学部教職課程非常勤講師)

蒲生 眞紗雄(日比谷図書文化館古文書塾てらこや講師 新宿区富久町北遺跡発

掘調査会文献調査員)

【必修】社会・子どもの変化と教育の課題(主として認定こども園・幼稚園関係者向け)

■講習概要
教育と教職についての省察を行い、心理学の動向を踏まえた近年の子どもの発達課題及びカウンセリングマインドの必要性を理解したうえで、これに対する国の教育政策と世界の教育の動向を明らかにする。

■講師

森山 賢一(玉川大学大学院教育学研究科教授)/田子 健(東京薬科大学生命科学部教授、玉川大学教師教育リサーチセンター客員教授)/横田雅史(帝京平成大学現代ライフ学部)/原田 恵理子(東京情報大学総合情報学部准教授、玉川大学教師教育リサーチセンター非常勤講師)/若月 芳浩(玉川大学教育学部教授)/宇田 光(南山大学教職センター教授)

■講習内容

1 幼稚園教育要領の解説(総論)(担当:若月 芳浩)

就学前の教育・保育に関する国の基準を知る

教育・保育のあり方の基礎・基本を学び、説明できるようになる

 

2 世界の教育の動向(担当:田子 健)

世界の教育動向を理解し、我が国の教育の方向性を考えた教育実践のあり方をつかむことができる。

 

3 子ども観、教育観等についての省察(担当:森山 賢一)

教員にとって「振り返り」(省察)の重要性を捉える。

自らの教育実践の基本となる子ども観・教育観把握の方法を理解する。

子ども観・教育観の現代的特徴を把握して、これからの教育実践のあり方を把握する。

教員の倫理・教育愛。

 

4 専門職たる教員の役割(担当:田子 健)

教育観の捉え方を学び、教員としての専門性を高めていく手がかりを得る。

専門職としての教員の独自の役割を理解し、日々の教育実践の根拠とする。

併せて、今後の教員養成・研修の制度変化について理解する。

 

5 脳科学、心理学等からの発達に関する知見〜ポジティブ生徒指導(PBIS)を中心に〜(担当:宇田 光)

脳科学や心理学の知見を使って、子どもの心理的側面の現代的特徴を検討できる。

米国での生徒指導の動向を説明できる。

 

6 子ども理解とカウンセリングマインド(担当:原田 恵理子)

現代の子どもたちの実態を捉え、思春期の特性を理解する。

多様化する子どもたちに対する態度の一つとしてカウンセリングマインドを学ぶ。

 

7 気になる子どもの配慮と支援(担当:横田 雅史)

この講義を受講してLD、ADHD、高機能自閉症について説明できる。

特別な支援を必要としている児童生徒の実態に合わせて、どのような対応をしたらよいかについて具体的な提案ができる。

どのようなことについて他機関との連携していくかについて説明できる。

【必修】社会・子どもの変化と教育の課題  

■講習概要

教育と教職についての省察を行い、心理学の動向を踏まえた近年の子どもの発達課題及びカウンセリングマインドの必要性を理解したうえで、これに対する国の教育政策と世界の教育の動向を明らかにする。

 

■講師

森山 賢一(玉川大学大学院教育学研究科教授)/田子 健(東京薬科大学生命科学部教授、玉川大学教師教育リサーチセンター客員教授)/横田雅史(帝京平成大学現代ライフ学部)/原田 恵理

子(東京情報大学総合情報学部准教授、玉川大学教師教育リサーチセンター非常勤講師)/宇田 光(南山大学教職センター教授)

 

■講習内容

1 国の教育政策(担当:森山 賢一)

国の教育政策の概要を理解し、教育実践のあり方をつかむことができる。

教育基本計画の趣旨の実現は、大きく学校教育の成果にかかっていることを理解する。

教育制度、教育法制、教育政策の基本事項を理解し、教員としての専門性を向上させる根拠とする。

 

2 世界の教育の動向(担当:田子 健)

世界の教育動向を理解し、我が国の教育の方向性を考えた教育実践のあり方をつかむことができる。

 

3 子ども観、教育観等についての省察(担当:森山 賢一)

教員にとって「振り返り」(省察)の重要性を捉える。

自らの教育実践の基本となる子ども観・教育観把握の方法を理解する。

子ども観・教育観の現代的特徴を把握して、これからの教育実践のあり方を把握する。

教員の倫理・教育愛。

 

4 専門職たる教員の役割(担当:田子 健)

教育観の捉え方を学び、教員としての専門性を高めていく手がかりを得る。

専門職としての教員の独自の役割を理解し、日々の教育実践の根拠とする。

併せて、今後の教員養成・研修の制度変化について理解する。

 

5 脳科学、心理学等からの発達に関する知見〜ポジティブ生徒指導(PBIS)を中心に〜(担当:宇田 光)

脳科学や心理学の知見を使って、子どもの心理的側面の現代的特徴を検討できる。

米国での生徒指導の動向を説明できる。

 

6 子ども理解とカウンセリングマインド(担当:原田 恵理子)

現代の子どもたちの実態を捉え、思春期の特性を理解する。

多様化する子どもたちに対する態度の一つとしてカウンセリングマインドを学ぶ。

 

7 気になる子どもの配慮と支援(担当:横田 雅史)

この講義を受講してLD、ADHD、高機能自閉症について説明できる。

特別な支援を必要としている児童生徒の実態に合わせて、どのような対応をしたらよいかについて具体的な提案ができる。

どのようなことについて他機関との連携していくかについて説明できる。