教員免許更新制とは

平成19年6月に「教育職員免許法及び教育公務員特例法の一部を改正する法律」が公布され、平成21年4月から教員免許更新制が導入されました。
この制度は、教員として必要な資質能力が保持されるよう、定期的に最新の知識技能の習得を図り、教員が自信と誇りをもって教壇に立ち、社会の尊敬と信頼を得ることを目的とした制度です。
これにより、平成21年3月31日までに授与された教員免許状は、修了確認期限(有効期限)満了の2年2カ月から2カ月前までの2年間に、30時間以上の教員免許状更新講習を受講・修了し、免許管理者に申請が必要になりました